インフルエンザ対策 プリント メール

ひかりまち小児歯科・矯正歯科医院では・・・

1

 
入口に来院者専用 手洗いコーナーを設けてい
ます。

 

2
 
待合コーナーには、小児用洗面台が設置されています。
小さなお子様も手洗いをしっかりできます。

 
3
 
待合コーナーには、エアコンと空気清浄機(※1)が、設置されています。

 
4
 
診療室は、個室対応(防音)になっております。
※患者さん同士の接触を、できるだけ減らすことが可能です。
 
5
 
個室診療室には個々にエアコンと空気清浄機(※1)を
設置して、良好な空調環境と除菌環境の提供に配慮しています。

 
6
 
待合コーナーには、長椅子の間に空気の吹き出し口があります。
建物の外側についている煙突の内部に通ったダクトで、3階で取り入れた外気を 3階の室内(※1設置)から1階の待合コーナーに導入し、新鮮な除菌された空気を供給しています。(※2) 待合は加圧環境になります。

 
 
7
 
煙突ダクトからの空気は、24時間(365日)吹き出されます。その空気は、
診療ゾーンを通り また3階へと導かれるのですが、途中の消毒コーナーの除菌灯(※3)の 点灯ゾーン(スタッフの環境に影響を与えないため夜間のみ点灯)で除菌されます。
 
8
 
鼻汁、痰(たん)などを含んだテッシュをすぐに蓋付きのゴミ箱に捨てられる。
 
9
 
来院者が咳をされていた場合にマスクを提供し着用を促す。(咳エチケット)
 

※1 空気清浄機  S社製品で、プラズマクラスター技術によりウイルス、アレルギーの除去等と加湿により湿度を60%に保つ機能があります。(4台設置)
エアコン  H社製品で、空気清浄と保湿機能によりウイルス等を抑制します。

※2 加圧環境  3階からの送風により加圧され、そのため人の出入り等の状況でも外気の侵入が抑制され、ホコリ・花粉、有害物質等が入りにくい。花粉シーズンは、強力な味方になります。

※3 除菌灯  N社製です。紫外線の青い灯で除菌効果がありますが、人体(眼)の環境に著しく影響があるので、診療時間(スタッフ在医院中)は切れてます。スタッフが居なくなってから点灯して 見張り番(?)でがんばってます。

 


新型インフルエンザについて
厚生労働省の指針 (ホームページから抜粋)

 

もしかかったら
1 早めの受診
2 安静と休養
3 十分な水分の摂取
4 マスクの着用
5 外出の自粛
 

 

 

でも かからないためには
1 事前にワクチン接種を受ける。
2 うがいや手洗いをしましょう。
3 バランスのよい食事と、十分な休養をとり疲労をさけましょう。
4 室内の湿度を、50~60%に保ちましょう。
5 人込みや繁華街への外出を控えましょう。もし外出するときにはマスクを着用するとよいでしょう。

 

咳エチケット

1 せき くしゃみの際はテッシュなどで口と鼻を押さえ、
他の人から顔をそむけ1m以上はなれる。

2 鼻汁、痰(たん)などを含んだテッシュをすぐに蓋付きの
 ゴミ箱に捨てられる環境を整える。

3 咳をしている人にマスクの着用を促す。
(周りの方へうつさないために)

4 マスクの使用は説明書を読んで、正しく着用する。

以上がインフルエンザへの対応(まとめ)です。
もっと知りたいときには、厚生労働省ホームページをご覧ください。